カクサン食品株式会社
広島市西区商工センター7丁目4番18号
会社概要ご挨拶歩み関連会社
私たちは、自然に優しい生活を応援します。
会社概要
会社名カクサン食品株式会社
所在地〒733-0833
広島市西区商工センター7丁目4番18号
設立年月日1967年7月1日
資本金6,750万円
代表者代表取締役会長 中村成朗
代表取締役社長 中村哲朗
売上高11億円
従業員数40名
事業内容液体調味料(魚介エキス・スープ・つゆ・たれ類)および健康食品用エキスの製造販売
取引銀行広島銀行広島西支店 / 商工中金広島西部支店

ご挨拶
代表取締役社長 中村哲朗

弊社は、創業時(昭和37年11月)から惣菜・練製品等の製造販売をしておりましたが、これらの業種から撤退することを昭和58年1月に決断し、 カキエキスを中心とする魚介エキス類およびスープ・つゆ・たれ等、液体調味料製品の製造販売に移行するという事業の再構築を行いました。 それから28年が経過いたしますが、おかげさまで魚介エキス類、液体調味料の業界では存在感のある企業に成長してまいりました。 弊社の製品は、すべて業務用あるいは加工用商品としてご使用頂いておりますが、お取引先様から使って良かった、使う価値のある製品だとご評価頂ける時が、 私どもにとって最大の喜びでございます。

弊社は、食品製造会社として守るべき基本原則については変えるつもりはありませんが、日常業務の中で常に品質改善のための創意工夫を重ね、 改良改善を行うことにより、お客様にとって購買価値のある製品を作り出して行きたいと考えております。


代表取締役社長 中 村 哲 朗

カクサン食品のあゆみ
昭和37年11月総合食品卸売業である中村角株式会社の食品工場として広島市祇園町で創業。惣菜等の加工を行う。
昭和42年7月カクサン食品株式会社を設立。資本金100万円
代表取締役社長に安達文二が就任
練製品(ちくわ・揚げはん)、ウインナーソーセージ、
鯨ベーコン等を製造
昭和45年3月代表取締役社長に原田義三が就任
昭和52年10月資本金を3,400万円に増資
昭和53年9月広島市西区商工センター7-4-18(現在地)に移転
昭和57年6月代表取締役社長に中村角太郎が就任
昭和58年1月練製品等の製造を中止し、カキエキス等魚介エキス の製造に業種転換することを決断
昭和61年6月代表取締役社長に中村成朗が就任
平成5年4月工場の一部改造工事を終了
平成5年6月中村成朗が代表取締役会長に就任し、代表取締役社長に中村哲朗が就任
平成8年7月隣接地1,130㎡を購入
平成14年3月隣接地に3階建の新工場(延1,870㎡)および既存工場棟(1,440㎡)の全面的な改修工事が完成
平成15年10月ISO9001の認証取得
平成17年2月ペットボトル等の自動充填機を導入
平成20年9月大容量対応型の高速充填機を導入
平成22年3月振動式膜分離装置を導入
平成22年7月フラッシュ式真空濃縮装置を導入
平成23年12月資本金を6,750万円に増資
平成24年1月脱塩装置設備の更新(能力増強)
平成24年9月小型スプレードライヤー導入
平成26年9月高速液体充填機導入
平成26年11月プレート式真空濃縮装置導入
平成27年12月1,500L加熱・冷却乳化機Σ(シグマ)導入
平成28年1月フィルタプレス機導入

関連会社
名 称中村角株式会社
代表者取締役会長 中村成朗
代表取締役社長 中村一朗
資本金1億1,950万円
年商220億円(平成24年3月期)
事業内容総合食品卸売業
URLhttp://www.nakamurakaku.co.jp/
中村角株式会社