トップページ > 事業のご案内 > 商品開発・品質管理

商品開発・品質管理

商品開発

開発部の仕事を大別すると2種類になります。一つは新商品を開発する仕事、もう一つは製造する商品の品質管理をする仕事です。
新商品開発の仕事は会社の将来を左右する商品戦略に大きく影響を与える業務なので、会社設立当初から、ノウハウの蓄積に力を注いで来ました。
特に魚介エキスの開発に関しては国産の牡蠣を原料とし、お客様のご要望に合わせ、抽出、酵素分解、膜分離の技術を駆使し様々なタイプのエキスを試作開発して来ました。また、最近は未利用水産資源を利用したエキスの開発やアミノ酸分析データを利用した液体調味料の開発にも取り組んでいます。

   

品質管理

新商品開発の仕事と同様に重要な仕事、すなわち品質管理の仕事も開発部では担ってます。製造部門でも、ISO9001の品質マニュアルに従った厳重な工程チェックのもと、商品は日々製造されています。開発部門はこれらを最終的に統括するとともに、製造ラインにおける理化学的・微生物的な品質管理の基準を決定し、製造する全商品のロット検査を行っています。この検査結果及び製造工程の管理情報を基に、各製品の出荷判定権限も持っています。
また、あらゆる保存条件を想定し、経時テストを行い、適正な賞味期限の設定も行っています。

   
KAKUSAN SHOKUHIN All Rights Reserved.